葬儀の仕方が、昔に比べて変わってきている!

葬儀について
Image Replacement

■ヘッダー文章

葬儀の仕方が、昔に比べて変わってきている!



私の実父が亡くなって2年、これまでも、家族と共に祖父母を見送ってきた。

いつも葬儀屋は、決まったところでお願いしていました。大阪豊中では昔から有名で、というか、自宅近所ではそこしか無くて、また、家から近かった為、 そこを利用してきました。



私が人生で最初に葬儀に立ち会ったのは、祖父が亡くなった時で、小学生の頃、ハッキリとは覚えていませんが、祖父が亡くなるとすぐに、葬儀屋がきて、 これから行う葬式の段取りを、父と話し合っていたことを覚えています。



人が亡くなると言うことは、突然のことで、病気などしていて、心の準備は出来ていても、中々近親者の葬儀の中で、準備万端と言うことは無いと思いま す。

父も悲しみの中、長男と言うこともあり、どなたに葬儀に来ていただいても、恥ずかしくないようにと心配りをしていたのを、子供ながらに覚えています。



葬儀屋さんも年々と様変わりしてゆき、実父の葬儀の時には、「湯灌」と言う行為を、親族に見せたりと(昔は人前ではしなかったそうですが)「お別れ」 の前の行為が色々とあるようで、それに伴い、お葬式のお値段も変わってきているように思いました。


町田市 葬儀

葬儀で気をつけるべきこと

みなさんも中にはまだご自分で葬儀の手配をされた事がないという方も多いと思います。

そういう方に私が言いたいのは初めての葬儀の時は慎重に誰に故人が亡くなった事を伝えるかを考える必要があるという事です。



これを間違えると後々禍根を残す事になるからです。特にその葬儀が田舎で行われるのなら尚更です。

これがもし、都会での葬儀ならそこまで神経質になって誰に知らせるかを考える必要はないかもしれません。



それはどうしてかというと、都会の場合は田舎と比べて人間関係が希薄ですし、また都会だとどこの誰が亡くなったとかいう話も自然に誰かの耳に 入るという事がないからです。



ですが、田舎だと話は別です。田舎だと周囲に何も言わなくても知らない間にどこの誰が亡くなったという話は伝わります。ですから、故人と関係 が少しでもあった人にはなるべく葬儀がある事を伝えておくべきです。



そうしないと、後になって誰かから故人が亡くなった事を聞いてショックを受ける事にもなりかねません。

ですから、田舎の葬儀は都会の葬儀よりも気をつける必要があります。


アンティグランデでパネライの買取

■アクセス解析